Quilt Salon ~時を刻むパッチワーク~

パッチワークキルトと日々の事を徒然なるままに・・・・
TOPパッチワークのお話 ≫ ホワイトキルトを繋げました(*^^*)

ホワイトキルトを繋げました(*^^*)

暑いんですけどね
冷房を使っていますから・・・・

生徒さんの中には、この前の暑い時でも冷房を使っていないって
おっしゃる方もいます

凄い忍耐力です

私はもし使わなかったら、パッチワークは出来ないと思うので、
ここは割り切ってエアコンのお世話になっています

一人でいる時には28℃の設定で十分
寝るときは29℃設定で、ずーっとエアコンをかけています
暑すぎず冷えすぎず、結構快適に眠れます


さて、20センチ角のホワイトキルトが繋がりました
正式には20センチ角にカットして、5ミリの縫い幅で繋げていますので、
19センチ角になります
20140804_131347 (329x400)
5×6で30枚です
全て綿サテンです
光沢があるので、豪華に見えますね
繋ぐために、繋ぐ部分の綿を5ミリカットし、綿が重ならないようにしています
裏側はこんな感じ

20140804_131359 (336x400)

これから、中の綿の部分をかがって、裏布をまつり縫いをして
裏も綺麗に繋げます

それで終わりでもいいのですが、隙間に格子のキルトラインを
入れようかと思っています


さて、昨日は午前午後教室がありました
午前の生徒さんのMYさん
本科課題のレモンスターが出来あがりました
左が課題 右は和布で同じサイズで2枚ずつ作られています
20140804_094545 (400x250)
素敵な大人色ですねー
今日はフープを初めて使ってみました

フープは慣れないと扱いが難しいので、
まずは平面的なホワイトキルトなどで練習するのがお勧めです

もう一人MKさんは、ヘキサゴンノ中にレモンスターを入れて、
夜空の雰囲気で作られています
逸れが繋がりました
間に入れたシルバーの星がアクセントになりました
20140804_092921 (328x400)
グラデーションもバッチリです

右下の白っぽい部分には、木や教会などのアップリケが入り、
紺のむら染のボーダーにアップリケしていきます

当初バランスからいくと濃い方が右下の方が安定するのではないかと
思っていたのですが、彼女が、白い部分を下にしたいというので、
バランスを保つように、少し大きめの木を配置するということで
話が落ち着きました

この彼女は、凄い勢いで作る人で、この前カードケースを25個も
作ったという話の人物です
今日これを見せてくれました
20140804_094225 (400x300)
これは、めがねホルダーです
ミサンガの糸で作ったそうです


午後は、HSさん 課題のハウスです
20140804_133556 (300x254)

住んでみたくなるような素敵なお家ですね
今はやりの北欧風でとってもお洒落な配色です

8月の暑い中でも、皆さんしっかり進めていらっしゃいます

今日はフリーなので、私も頑張って進めていきたいと思います
明日から金曜まで夫が出張だっていうし・・・・密かに(*^m^*) ムフッ

頑張りまーすε=ε=(((o≧▽≦)o

            

今日もお付き合いいただき、ありがとうございます

ランキングに参加しています
下のバナーをポチっとしていただけたら幸いです


にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL