Quilt Salon ~時を刻むパッチワーク~

パッチワークキルトと日々の事を徒然なるままに・・・・
TOPパッチワークのお話 ≫ パッチワーク教室運営のついて考える

パッチワーク教室運営のついて考える

このところ不安定なお天気が続きます
8月ももうあと残りあと僅かになってきました

早いです!

不定期に生徒さんたちあてに『Quilt Salon通信』という一斉メールを
流しています

今回は、教室運営について、変更させていただきました
ウチの教室は、日程や時間は決めておらず、
個人の希望で日時を決めています

20人ほどいるとそれぞれの時間に合わせるのは、大変ですが、
働いている人やそれぞれに忙しい方が多いので、
それもありかと続けて5年と少しになります

ほとんどの皆さんは、定期的に連絡をいただき、レッスンを
受けていただいていますが、中には、いつ来るのかわからない
2か月以上音沙汰なし・・・みたいな生徒さんが数人いらっしゃるのが
現実です

進めていないから、行ってもしょうがない・・・という理由らしい
ですが、そんなことだといつまでたっても進まないでしょう

いつでもOKということは、裏返せば行かなくてもいい
ということになります
行きたいときに行けばいいという緩いシステムだとやる気を引き出すのは
難しいという気がしました

そこで、月に1回は少なくとも必ず来ていただくこと、
来られない場合は、1回分の授業料はいただく

ということにさせていただきました

本来なら、月に1回くらいでは、その分だけやらない期間が多くなります
上達の部分から考えるとイマイチではあるのですが、
それぞれの都合もあるでしょうから
生徒さんの自主性を重んじて任せています

教室運営の点からすると定期的に来ていただいた方が
いいに決まっています

自分の時間を削ってまでもやっていく価値があるのか・・・
時々自問自答する時があります

試行錯誤しながらですが、本当に難しいです


それでも頑張っている生徒さんがたくさんいらっしゃるのだから
もう少し頑張ってみましょうε=ε=(((o≧▽≦)o

さて、その頑張っている生徒さんの作品をご紹介します
学童のお仕事で、夏休みはびっしりお仕事をされていたMKさん

それでも課題をどんどん進めて来られましたよ
本科課題 ボータイのバック&ポーチ 2015.8.27
本科課題のボータイのバック&ポーチ

持ち手とのバランスが絶妙です
とても素敵に出来上がりましたね

本科課題 リリーのタぺ 2015.8.27
本科課題 リリーのタぺ
土台を紺のむら染にして、ピンクのリリーがうまく引き立ちました

土台を暗い色にした時には、『本当に大丈夫なの?』と思いましたが、
こうして出来上がってみると、これもありですね

それからそれから
ハワイアンは無事こんな風にアップリケされていました
20150827_092358 (291x350)
忙しいのにものすごい勢いで進めて来られるので、
毎回びっくり!させられています(爆)

それからやはり本科を進められているKKさんは
ミックスTのブロックを16枚作って来られ、
緑から赤のグラデーションに並べてみました
20150827_142501 (350x280)
土台の青が印象的な作品になりそうですね

今日から、ウチのマンションで、住民の作品展示会をするそうで、
パッチワーク作品展示の依頼がきました
これから展示のお手伝いをしてきます


            


今日もお付き合いいただき、ありがとうございます

ランキングに参加しています
下のバナーをポチっとしていただけたら幸いです


にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村


関連記事
Trackback

Trackback URL