Quilt Salon ~時を刻むパッチワーク~

パッチワークキルトと日々の事を徒然なるままに・・・・
TOPパッチワークのお話 ≫ 地道な作業=時間をパッチワークする?!

地道な作業=時間をパッチワークする?!

パッチワークは、バックや小物を作ることが多いと思います

それはとても楽しいし、そこそこ達成感はすぐに得られます

じゃあ、なんで使わないようなベットカバーサイズのキルトを
作るのか・・・・
現に畳んで大事にしまってありますけど・・・(>_<)ゞ

人それぞれだと思いますが、私は自分への挑戦だと思っています
展示会などでも、どれくらい時間が掛っているのか・・・という
質問を受けます
一応「一年から2年位は、掛ります」とは答えますけど・・・

それはある意味とても比較にも何もならないことです
一日のうちにどれくらい時間を掛けるのか・・・
平均すると30分位しか作業出来ない人もいれば、
丸一日掛けられる人もいます

私の事で言えば、平均すると一日1.2時間は掛けているかも知れません
と言っても、一応私も主婦であり、母親であり、パッチワーク教室を
開いており、不定期に午前も午後もやっていますから、
私の持ち分の時間はそんなに多くありません
纏まった時間はなかなか難しいです

それでも、朝ざーっとお掃除や片づけをしてから1時間
夜片づけが終わってから、1時間・・・
夜はもう9時くらいには眠くなるので、遅くまでは出来なくなりました

それから、合間に30分くらい時間があれば、チクチクしますね
20150519_055815 (400x300)

1時間で出来るのは、こんなラインのキルティングでも
3本か4本位かな(^^);。。oO
20150519_060744 (300x400)

大きな山に登ったことは無いけれど、多分頂上に立った時の様な、
マラソンもしたことがないけど、走りきった時の様な・・・
そんな感じなのかな・・・と思っています

細切れの時間をパッチワークして作りだすとても地味な
作業であることは分かっていただけたと思います

つまり小さな時間の積み重ねなくして、大きな作品を作ること
は出来ません

タイトルでもある時を刻むパッチワーク

私が伝えたいのはここに表現されています
細切れの時間の中に自分の歴史を刻み込んでいるのではないかと
思っています

だからなんなの・・・
なんですが、いわゆる自己満足の世界という
それも否定はできません

それであっても、何かに挑戦しようという気持ちは、
プラスにはなってもマイナスにはならないのではないかと思います
とりあえず展示会と言う目標がなくなって、
進む方向性を見失ってしまうこの時期に
自分や、生徒さん達にエールをくるつもりで、書いてみました

長い文章にお付き合いいただきありがとうございました(#^.^#)



            


今日もお付き合いいただき、ありがとうございます

ランキングに参加しています
下のバナーをポチっとしていただけたら幸いです


にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村




関連記事
Trackback

Trackback URL